はじめての遺産分割

遺産分割は誰もが一度は経験するものの、誰もが詳しい知識を持っているわけではなく、むしろ知らない人のほうが多いと思います。
スムーズな遺産分割をすることによって、ストレスもなくなりますし親族間でのトラブルも回避できますから、正しい知識を共有するためには誰かが中心になって知識を深める努力をしたほうがいいでしょう。

続きを読む はじめての遺産分割

自分で相続の申告ってできる?

相続の申告が必要になったときに自分でその申告はできるのか、気になることもあるでしょう。
自分でできるなら自分でやった方が依頼料などもかからず、費用面ではお得です。
しかしこの方法を試す前に確認しておきたいのは、相続の申告は難易度が高いことです。
続きを読む 自分で相続の申告ってできる?

相続の申告とマイナンバー

全国民にマイナンバーが適用されて以降、公的手続きの際には個人番号が必要になることも増えています。
相続の申告のときにもこれが必要になります。
すると故人のマイナンバーも必要になるように思えるでしょう。
これはつまづきやすいポイントですが、実は故人のマイナンバーは不要です。
申告をする相続人のマイナンバーだけでOKなのです。
続きを読む 相続の申告とマイナンバー

相続の申告と役所

相続の申告をするときはどこに行けばいいのでしょうか?
身内が亡くなったときに足を運ぶ機会が多いのは役所ですよね。
相続の申告をするときもこちらでいいのかというと、必要な書類を集めるために行く必要はありますが、申告を直接する場所ではありません。
間違えないように注意してください。
続きを読む 相続の申告と役所

相続申告のポイント

相続の申告をするにあたってポイントになるのはどんなことでしょうか?
まず早めに取り掛かることです。
相続の申告の期限は被相続人の死亡日から10ヶ月後となりますから、相続が起きた直後に最優先で対応すべきとは感じられないことも多いでしょう。
しかしこれは早めに終わらせるよう優先的に取り組むことがポイントになります。
相続が起きてから10ヶ月というのは、あまり余裕のある期限ではないためです。
続きを読む 相続申告のポイント

相続申告のスケジュール

相続申告にあたって知っておきたいスケジュールについてご紹介しましょう。
まず一番最初に確認しておきたいのは最終的な申告期限ですね。
相続の申告は時間のあるときにやればいいのではなく、いつまでにやるべきなのか期限が決まっています。
その期限は被相続人の死亡日の翌日より数えて10か月後の日となります。
続きを読む 相続申告のスケジュール

相続の申告と生前贈与

身内が亡くなって相続が起きたとき、その前に生前贈与を受けていた場合も多いでしょう。
このときの申告で気をつけたいのは、死の3年前までに行われた贈与はなかったものとして相続財産を計算することです。
見落としやすいポイントですから注意してください。
続きを読む 相続の申告と生前贈与

相続の申告が終わる前の死亡

自分が誰かの財産を相続すると申告が必要になることもありますが、それが終わる前に相続人も死亡してしまったら、どうなるのでしょうか?
あまりないケースですが、まったくないわけでもありません。
もしそれが起きたらどうしたらいいのかわからなくなり、困ることも多い問題です。
続きを読む 相続の申告が終わる前の死亡

相続の申告はだれがやればいい?

相続の申告はだれがやるのか、実際に相続が起きるとわからなくなることも多いでしょう。
これをやるのは遺産相続を実際に受けた方となります。
遺産は誰でも相続できるものではなく、基本的に相続人だけとなっていますから、相続の申告もだれがやるのかといったら基本的には相続人ですね。
続きを読む 相続の申告はだれがやればいい?

相続申告の具体例

相続申告について具体例をご紹介しておきましょう。
たとえば相続人が配偶者1人、子供3人の計4人だったとします。
遺産を調査したところ、現金1000万円、預金1億円、不動産3000万円、その他の動産として300万円、株式が500万円あったことが判明しました。
資産の合計額は1億4800万円です。
続きを読む 相続申告の具体例