相続申告のスケジュール

相続申告にあたって知っておきたいスケジュールについてご紹介しましょう。
まず一番最初に確認しておきたいのは最終的な申告期限ですね。
相続の申告は時間のあるときにやればいいのではなく、いつまでにやるべきなのか期限が決まっています。
その期限は被相続人の死亡日の翌日より数えて10か月後の日となります。

具体的に何日になるのかというと、たとえば1月10日に被相続人が亡くなったのなら、相続の申告期限は11月10日になるのです。
申告までの猶予期間が10ヶ月と比較的長いため、年をまたぐこともあります。
たとえば8月10日に亡くなったのなら翌年の6月10日がその期限となるのです。
このように相続の申告期限は故人の死亡日から10か月後となるのが基本です。
気をつけたいのは、この申告期限の規定を確認すると、もう少し先が期日となるのではと思われがちなこと。

相続の申告期限は厳密にいうと「相続の開始を知った日の翌日より10か月後の日」となります。
相続の開始を知った日とは被相続人が亡くなって遺産相続が開始されたことを知った日のこととなりますが、これが厳密には被相続人の死亡日に重なるとは限りませんよね。
死亡日から1〜2日経ってからそのことを知ることもあるでしょう。

たとえば1月10日に被相続人が亡くなり1月12日に自分がそのことを知ったなら、相続の申告期限も11月12日になるものと思えますよね。
このようになる事例はあまり多くありません。
実際には多少の誤差はあるでしょうが、よほど特殊な事例を除いて、被相続人が亡くなった日が相続の開始を知った日として扱われ、被相続人の死亡日の翌日から数えて10か月後の日が申告期限となりがちです。

申告期限が被相続人の死亡日から10か月後という事務的な決り方にならないケースとは、たとえば自分が相続人に該当するかどうかが争われているケースです。
訴訟の結果、自分が相続人になると判決が出たら、その判決日が相続の開始を知った日となり、その翌日から10か月後の日が申告期限となります。
このような特殊なケースを除いて申告期限は被相続人の死亡日の翌日より10か月後の日となりますから注意してください。